2007年07月23日

産婦人科医の不足

最近「女性党」という政党が活躍していると聞きますが、参議院選挙の広告を見ると、彼女らは「産婦人科医の不足」に危機を感じているようでした。

実際、最近は産婦人科医が不足していると聞きます(産婦人科医だけではないですが)。

その理由は、当直が多い・深夜の緊急呼び出しが多いなど業務が過酷かつ、医療訴訟を抱える割合も高いことから若手医師が大幅に減っているらしい。それに加えて2004年から新人医師への研修制度が始まり、産婦人科医の不足に拍車をかけているそうです。

人の病気を治す医師ももちろん必要だが、人を産む手助けが出来る医師というのはもっと大切な気がする…。婦人科医はもちろん、産婦人科医がもっと増えるような政策があるのであればお願いしたい。
posted by teacher.kit at 17:40 | TrackBack(6) | 妊娠・避妊・産後について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。